猫飼い方

猫の飼い方が丸わかり教科書『ねこ勉』

猫を飼う上で知りたい知識・情報を配信しています。

【問題行動】猫の噛み癖・ひっかき癖!3つの理由と5つの対処法

読了までの目安時間:約 8分

猫噛むひっかく

 

 

せっかく猫を飼いはじめたのに、猫に噛まれたり引っかかれたりして困っている飼い主さんは意外に多いかもしれません。

 

とくに子猫のうちは加減がわからず、腕にいくつも引っかき傷が出来てしまい、遊びたいのに遊ぶのを躊躇してしまうこともあるのではないでしょうか。

 

 

今回は、猫の噛み癖と引っかき癖について、その理由と対処法などをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

噛むのも引っかくのも猫の習性

2016-11-22_210509

 

 

猫はもともと自分で狩りをして獲物を捕る生活していたため、今でも狩猟本能が残っています。

 

ネズミのオモチャで遊ぶのも猫じゃらしを追いかけるのも、獲物を追いかけるという本能を刺激するためで、獲物を捕らえる時は鋭い爪で押さえ込んで噛みつき、後ろ足でいわゆる「ケリケリ」をして仕留めます。

 

 

猫が噛んだり引っかいたりするのは、猫にしてみれば当たり前の行動なのです。

 

 

子猫に多い、噛み癖とひっかき癖

2016-11-22_210842

 

 

猫は通常、一緒に生まれた兄弟と遊びながら、噛まれることの痛みなどいろいろなことを学んでいきますが、育児放棄された子猫を引き取った場合や、捨てられて保護された子猫を迎え入れた場合などは、子猫は何も知らない状態で飼い主さんの元へ来るため、噛んだり引っかいたりする時の加減を知らないのも、仕方のないことかもしれません。

 

先住猫がいる場合は、先輩猫が子猫に猫社会のルールや人間と暮らしていう術を教育してくれることもありますが、1匹で飼っている猫にとっては飼い主さんがすべてです。

 

 

なぜ噛んだり引っかいたりするのか?

2016-11-22_221554

 

 

猫が飼い主さんを噛んだり引っかいたりするのは一体なぜなのでしょう?

 

 

★じゃれついている

子猫が噛んだり引っかいたりするのは、じゃれついているという理由が一番多いかもしれません。

 

普段から手を動かして遊んでしまっている場合は、猫からすると「人間の手=獲物」、ということは手が猫にとってのオモチャなのです。

 

猫が動くものを追いかけて捕まえ、爪を出して押さえつけたり噛んだりするのは手で遊ぶ習慣をつけてしまったのが原因かもしれません。

 

 

★驚いた時や怒っている時

大きな音などで猫を驚かせてしまったり、嫌がっているのに触ったり撫でたりして猫を怒らせてしまった時も猫は自己防衛のために本能的に爪をたて、噛みつくことがあります。

 

猫は気まぐれなので、ほんの少し前まで気持ち良さそうに撫でられていたのに急に怒り出すことがあるので困ってしまいますよね。

 

 

★パニックに陥っている

猫が興奮している状態の時に、聞き慣れない大きな音がしたり、外を眺めていて野良猫や他の動物を見つけて驚いた時などに、パニック状態になって人間に噛みついたり引っかいたりしてしまうことがあります。

 

また、ストレスが原因になっていることもあります。

 

 

猫の噛む癖・引っかき癖の対処法

2016-11-22_221945

 

 

★オモチャを使って遊ぶ

猫と遊ぶ時は手ではなく必ずオモチャを使って遊ぶようにしましょう。

 

今は猫じゃらしもいろいろなタイプのものが出ています。

 

猫が飽きないよう、いくつか用意してあげてください。

 

手にじゃれついてきても声を出したりせず、遊ばずに無視し続ければ、遊んでもらえないことを覚えます。

 

 

また、子猫の場合は歯の生え変わりにむず痒くて噛んでしまうこともあるため、猫の歯磨き用のオモチャなどを用意してあげましょう。

 

 

★きちんと叱る

犬とは違って猫のしつけは難しい、と良く言われますが、猫も叱られれば反省しますし、「いけないこと」という認識は出来ます。

 

叩いたり猫が恐怖を感じるような極端な怒り方をすると、猫との関係性が悪化し信頼関係を築けなくなる可能性があるので、低い声と短いワードで「ダメ」「いけない」などと伝えるようにしましょう。

 

 

★しつこくしない

猫と遊んだり撫でたりしている時、あまりしつこくしないようにしましょう。

 

猫が嫌がっているかどうかは、しっぽを左右に大きく振ったり、耳を後ろに向けたりするので良く観察していればわかります。

 

いつもと違う鳴き方をしている時なども気をつけてあげましょう。

 

 

★まめに爪を切る

爪が尖った状態だと、引っかかれた時の傷も深いものになってしまいます。

 

爪はなるべくまめに切るようにしましょう。

 

 

★環境を整える

猫は音や匂いにとても敏感です。

 

自分が知らないものが突然増えたりするとストレスを感じてしまったりするので、猫が落ちついて生活出来るように気を配ってあげましょう。

 

 

猫ひっかき病

2016-11-22_223203

 

 

日本に生息する猫の約1割が感染し保菌している、バルトネラ属の菌が感染すると、猫ひっかき病を発症することがあります。

 

この病気は子猫から感染する危険性が高く、引っかかれた患部に発疹や出て、リンパ節が腫れたり発熱したりします。

 

稀に頭痛や意識障害が出たり結膜炎を合併することもあり、糖尿病や肝硬変など免疫力が低下する持病を持っている人や子供が発症すると、重病になる可能性もあるため注意が必要です。

 

 

まとめ

2016-11-22_223432

 

 

いかがでしたか?猫が噛むのも引っかくのも、猫の本能と習性によるものなのである程度は仕方ありませんが、子猫のうちからきちんとしつけをして、人間も猫もストレスなく暮らせるようにしていきましょう。

 

 

 

Sponsored Link


 

猫のしつけ

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る