猫飼い方

猫の飼い方が丸わかり教科書『ねこ勉』

猫を飼う上で知りたい知識・情報を配信しています。

猫はなぜ飼い主の邪魔をする?その可愛い理由とおかしな対処法

読了までの目安時間:約 8分

猫が邪魔をする理由

 

 

猫を飼っていると、日常生活のいろいろな場面で邪魔をしてくることがありますよね。

 

とてもかわいいのですが、締め切りのある仕事をしている時や勉強の最中など真剣に困ってしまうこともあります。

 

 

ではなぜ猫は人間の邪魔をしてくるのでしょう?

 

今回はそのかわいい理由と邪魔を阻止するおかしな方法などをまとめてみました!

 

スポンサーリンク

 

邪魔をする時の猫の心理

2016-11-20_224456

 

 

猫は人間が新聞や本を読んでいる時やテレビを観ている時に「何かをしている」という認識をしていない、という説があります。

 

猫からしてみれば「そんなに暇なら遊んでよ」という感じでしょうか。

 

 

また、猫は好奇心旺盛なため、自分の知らないものに関しては匂いを嗅いだり触ったりして「生きているかどうか」を確かめたいのです。

 

気が乗らない時は人間の方から遊びに誘っても無視するくせに、注目を浴びていないと不安になって人間の気を引きたくなるという、なかなか困った習性ですが、そこが猫のかわいいところであり、魅力でもあるのです。

 

 

ここからは日常のいろいろな場面ごとに猫の心理を推察していきましょう。

 

 

猫のお邪魔ポイント

普段は何気なく見逃している猫の行動ですが、良く観察してみると一日の中で人間の邪魔をしているシーンがたくさんあることに気がつきます。

 

 

★パソコンのキーボードに乗ってくる

2016-11-20_224740

 

猫がパソコンのキーボードに乗ってくるというのは良くあることですよね。

 

冬は暖かいという理由で乗ってくることもありますが、キーボードのでこぼこがおもしろい、画面の中で動いているものがおもしろい、など人間だけではなく猫にとってもパソコンはとても魅力的で奥が深いもののようです。

 

 

★新聞に乗ってくる

2016-11-20_224951

 

猫はカサカサという音が大好きです。

 

新聞を読もうとして新聞を広げたとしても、猫からすると新聞の上は格好の遊び場。

 

おまけに飼い主さんの視線も独り占め出来るのです。

 

 

★テレビの前に鎮座

2016-11-20_225607

 

せっかくテレビを観ているのに、猫がテレビの前に座ってしまって動かない、ということも良くある光景です。

 

飼い主さんがテレビに夢中になればなるほど、猫は構って欲しいと思うようです。

 

また「テレビを観るのが大好き」という猫も時々見かけます。

 

 

★勉強している時の鉛筆

2016-11-20_225943

 

勉強しているのに猫が鉛筆にじゃれついてくるのでちっともはかどらない、ということもあります。

 

猫にとって人間が鉛筆でものを書いている状況は「ちょこちょこ動くおもしろい棒で遊んでくれている」という間違った認識をしているようです。

 

 

★深夜の睡眠妨害

2016-11-20_230152

 

猫は夜行性なので深夜に元気に行動してしまうのはある程度仕方のないことですが、飼い主が起きて遊んでくれるまでしつこく鳴いたり体の上に乗ってきたりするのは困りますよね。

 

これは普段から甘やかしている猫の場合が多く、飼い主を親と認識しているため、深夜に目が覚めた時に親を求めて甘えようとしていたり、昼間の遊び時間が足りていないのが原因のひとつと言われています。

 

 

★ただじっと睨んでくる

2016-11-20_230349

 

積極的に邪魔をしてこなくても、飼い主の方をじっと睨んでくるのでプレッシャーを感じることがありますよね。

 

これは猫が飼い主に何かしら要求したい時です。

 

 

★急いでいるのに足にまとわりつく

2016-11-21_191651

 

急いでいる時に限って猫が足にまとわりついてくることはありませんか?

 

猫が足にまとわりつくのは構って欲しい時はもちろん、自分の匂いを付けたい時やおねだりをしたい時のようです。

 

 

猫の邪魔を阻止する方法

2016-11-21_203935

 

 

猫には個体差がかなりあるため、絶対的な方法はありませんが、少しでも参考になればと思います。

 

 

まず、パソコンや新聞、テレビや勉強している時の鉛筆などに関しては、猫が興味を持ちそうな別のものを用意してみましょう。

 

そのひとつが「箱トラップ」と言うネットでも話題の方法です。

 

猫が箱を見つけると入らずにはいられない習性を利用して、作業するデスクの上などに猫がすっぽり入れそうな箱を置く。

 

これだけです。

 

 

深夜の睡眠妨害に関しては、「人間が寝る前に猫が疲れ果てるくらい遊んであげる」という方法があります。

 

深夜に目を覚まして遊んであげてしまうとそれが習慣になってしまうので、起こしに来ても心を鬼にして無視するようにしましょう。

 

母猫に甘えるように飼い主を起こしに来たり、遊びが足りず深夜に暴れてしまうなどの行動は子猫や若い猫に多いため、年齢を重ねるごとに落ち着いてくると思います。

 

 

ただじっと睨んでくる時の猫の用事は、ご飯、トイレが汚い、遊んで欲しい、のいずれかだと思うので、何をして欲しいのか確認してみましょう。

 

 

急いでいる時に足にまとわりついてくる時は、ご飯やオヤツが欲しいなどの要求ではない場合、抱っこして撫でてあげるだけで落ち着くことがあります。

 

出来るだけスキンシップをとるようにしましょう。

 

 

まとめ

2016-11-21_213610

 

 

いかがでしたか?

 

猫が邪魔をしてくるのは猫を飼っている人の醍醐味ではありますが、真剣に悩んでしまうと人間にとっても猫にとってもストレスになってしまいます。

 

ある程度は「猫の習性なのだから」と割り切って、楽しい猫ライフが送れるよう心掛けましょう!

 

 

 

Sponsored Link


 

猫のキモチ

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る