猫飼い方

猫の飼い方が丸わかり教科書『ねこ勉』

猫を飼う上で知りたい知識・情報を配信しています。

病院に連れて行くべき・・・?症状別の猫が吐いた時の危険度とは?

読了までの目安時間:約 7分

猫吐いた危険度

 

 

猫はよく吐く生き物と言われていますが、毛玉を吐いているなど心配しなくても良い場合と、病気によって吐いてしまっている場合があります。

 

今回は猫が吐くことについて、水を飲んでも吐いてしまう場合や、吐き出したものの色やどういう状態かなど、「病院に連れていくべきか?」の目安になるようまとめてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

猫はなぜ吐くの?

猫ひげ本数

 

 

猫はもともと肉食動物なので獲物を丸飲みして食べようとします。

 

そのため、一度にたくさん飲み込もうとして吐き戻してしまうことがあり、野生の猫の場合は獲物の被毛や骨など不要なものを吐いていることもあります。

 

猫の吐き戻しは食べている最中や食後すぐの場合が多く、一度吐き出したものをまた食べてしまうこともあります。

 

ドライフードがそのまま出てくる場合など吐き戻しの場合は食べたものが胃に到達する前に食道から戻ってきています。

 

 

猫は毛玉を吐く

2017-01-10_234727

 

 

猫が吐き出すものの中で心配ないのは「毛玉」です。

 

猫は自分で毛づくろいをしますが、舌の細かい突起に毛を引っかけ、ブラシのような役割として使い抜けた毛は飲み込んでしまいます。

 

飲み込んだ毛が胃の中で球状になってしまうため、お腹の中で詰まってしまわないよう毛玉として吐き出します。

 

 

★毛玉を吐き出せないと危険

飼い主さんのブラッシング不足などが原因で飲み込む毛玉が多くなり、吐くことも排便することも出来ず消化管の中に溜まってしまうと毛球症という状態になり、食欲不振や吐くそぶり、便秘、お腹を触られることを嫌がるなどの症状が出ます。

 

 

毛球症と診断された場合は毛球除去剤を投与したり、症状が重い場合は開腹手術が必要となる場合もあります。

 

キャットフードやおやつでヘアボールコントロールの効果があるものを与える、まめにブラッシングをするなどして気をつけてあげるようにしましょう。

 

高齢の猫は加齢により吐き出し不足になりやすいため、とくに注意が必要です。

 

 

黄色い液体を吐く

猫が黄色い液体を吐くことがありますがこれは「胆汁」です。

 

原因の多くは胆汁が逆流しているために起こると言われおり、猫が胆汁を吐くのは空腹の時で、健康な猫でもお腹がすきすぎると胆汁が逆流することがあります。

 

猫に与える食事の間隔が長いと空腹の時間が長くなってしまうため、消化酵素である胆汁が胃がからっぽの状態で逆流されると胃が刺激されて吐くことに繋がります。

 

 

通常は食事の回数を増やすことで予防出来ますが、黄色い液体を2〜3日連続して吐く場合は胆汁嘔吐症候群の可能性があり、食道炎や胃炎を併発する場合もあるのですぐに病院に連れて行きましょう。

 

 

透明な液体や白い泡を吐く

猫が吐く透明な液体や白い泡は胃液です。

 

朝起きて食事の前に吐くことが多く、吐いた後いつもと変わらない様子で元気があるようなら心配ありません。

 

胆汁同様、お腹がすきすぎて吐いているため、食事の回数を増やしてあげましょう。

 

 

また、異物を誤飲・誤食して吐く場合もあるため猫が吐いたものはよく観察してください。

 

いつもと比べて元気がない、食欲がない、何度も吐く、などの場合は腎臓病や膀胱炎、胃腸炎などの可能性もあるため、病院に連れて行きましょう。

 

 

猫が水を飲んでも吐いてしまう

猫が水を飲んで吐く場合も、猫の年齢や吐く回数などによって危険度が変わってきます。

 

 

まだ若い猫が水を吐く理由は、水を飲み過ぎた時や食べ過ぎ、はしゃぎ過ぎの時や慌てて水を飲んだ時、水が冷たすぎた場合などです。

 

高齢猫が水を吐いた場合は食道などの気管が筋肉の衰えによって狭くなることが原因になることがあります。

 

 

また、猫が普段より水をたくさん飲んでいる場合は、泌尿器官や腎臓が弱っていたり病気になっている可能性もあります。

 

繰り返し吐いている時は注意しましょう。

 

 

猫を病院に連れていくのは?

注意すること

 

 

猫は生理現象としても吐くため、吐いていてもひとまず心配ないと思われるのは、吐く回数が少なく体重が減っていない、食欲がある、下痢をしていないなどの場合です。

 

 

反対に

    • 何度も激しく吐く
    • 吐こうとしているのに吐き出せない
    • 胃液を何度も吐く
    • 血が混じったものを吐く
    • 食欲がなくぐったりしている

などの症状がある場合はすぐに病院に連れて行きましょう。

 

 

まとめ

2017-01-11_000024

 

 

いかがでしたか?

 

猫が吐き出したものの色や吐く回数、猫の年齢などによって危険度が変わることがわかりました。

 

 

猫が吐いている姿は見ていてとてもかわいそうですが、吐きそうだからと抱き上げたりせず、うまく吐き出せるように邪魔をしないでいてあげることも大切です。

 

 

 

Sponsored Link


 

猫の病気

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る