猫飼い方

猫の飼い方が丸わかり教科書『ねこ勉』

猫を飼う上で知りたい知識・情報を配信しています。

ご利益まで!?猫のひげの色々な役割とその気になる秘密・・・

読了までの目安時間:約 7分

猫のひげ役割意味

 

 

猫の体のパーツの中で重要な役割を持っているのが「ひげ」です。

 

バランス感覚を保ったり獲物を察知したりすることだけではなく、ひげで感情表現をしていると言われています。

 

 

また、昔から「猫は幸運を招く」という言い伝えがありますが、猫のひげをお財布やお守り袋に入れて持ち歩くとご利益があるという噂も。

 

今回はそんな猫の「ひげ」についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

猫のひげは何本ある?

猫ひげ本数

 

 

猫のひげと言えば鼻の横に生えているものを想像すると思いますが、実は顔中にひげが生えているのをご存知でしょうか?

 

 

口の上に生えている上唇毛という部分が一般的に猫のひげと呼ばれている部分で約16本あり、口の左右に1〜2本生えているのが口角毛、両目の上に約6本生えているのが上毛と呼び、顎に生えている頭下毛、頰に生えている胸骨毛の他に、顔だけでなく前足の内側にも生えていて、全部で50〜60本程度あると言われています。

 

 

猫のひげは感度の良いセンサー

2016-11-13_220557

 

 

猫のひげは体毛の2倍ほどの太さで体に深く埋め込まれており、毛根には神経細胞が張り巡らされています。

 

そのため、ひげの先端が何かに触れたり振動を感じたりすると、すぐに脳に伝わる仕組みになっています。

 

猫の視力は人間のおよそ10分の1程度しかないため、外部のさまざまな情報をひげでキャッチしているのです。

 

 

猫のひげの役割

2016-11-13_220823

 

 

猫のひげはセンサーになっているため、空気の流れなどから獲物との距離をはかり、すばやく獲物を追いかけることが出来ると言われています。

 

獲物を仕留める時は振動で動きを感知するためにひげが前に広がり、獲物の生死を確認する時はひげで包んで体温や動きを判断します。

 

 

また、狭いところを通る時に距離をはかり、通れるかどうか判断するのもひげの重要な役割です。

 

一般的に若い猫ほどひげが長く老猫になるほど短くなり、半年に一度くらい生え変わると言われています。

 

 

猫はひげを大切にしています

2016-11-13_221231

 

 

猫はひげが汚れるのをとても嫌います。

 

食事の後、手で顔を洗う仕草を良く見かけますが、これはひげについた汚れを落とし、ひげの感覚を鋭敏にするためです。

 

「器が深すぎてひげが汚れるから」と言う理由で餌を食べなくなってしまうことがあるほど、猫にとってひげはとても大切なので、故意にひげを抜いたり切ったりすることは絶対に避けましょう。

 

 

猫のひげで感情がわかる

2016-11-13_222929

 
猫の感情はひげを見るとわかります。

 

 

寝ている時やリラックスしている時は下にたれています。

 

体調が悪い時にもたれていることがあるので気をつけてあげましょう。

 

 

上機嫌で嬉しい時はひげがピンと上を向いています。

 

食事中はひげがなるべくつかないように後ろに引きつけ、頰にはりつけています。

 

前方に倒れている時は興味を持っていたり、緊張・興奮している時と言われています。

 

 

猫のひげが幸運を招く?

2016-11-13_224458

 

 

昔から猫は幸運をもたらすと言われ、世界中でいろいろな説が流れています。

 

ヨーロッパでは黒猫が幸運の象徴とされていて、商売繁盛や海難事故を防ぐといった信仰がありました。

 

古代ギリシャやイギリスでは猫がくしゃみをすると幸運を招くと言われていたそうです。

 

 

日本では「招き猫」が幸運の象徴として人気がありますが、招き猫と言えば東京・世田谷の「豪徳寺」のお話が有名なのをご存知でしょうか?

 

江戸時代に彦根の藩主だった井伊直弼が豪徳寺に立ち寄った際、大雨が降ったため木の下で雨宿りしようとしたところ、猫が豪徳寺から手招きをしたそうです。

 

井伊直弼は猫に従い木の下から豪徳寺に移動したところ、それまでいた木に雷が落ち命拾いしました。

 

猫に助けられた井伊直弼は豪徳寺に寄付をし、豪徳寺は繁栄していったそうです。

 

 

猫のひげで金運アップ?

2016-11-13_225123

 

 

幸運を招くと言われる猫。

 

そのひげを縁起が良いとして、お財布やお守り袋に入れて持ち歩く人が増えているそうです。

 

主に金運が上がると言われているそうで、天然の桐で出来た猫のひげ専用ケースまであるとか。

 

これからは猫のひげを見つけたらゴミ箱に捨てず、大切に保管してみてください。

 

 

まとめ

2016-11-13_225334

 

 

いかがでしたか?

 

猫はひげでいろいろな情報をキャッチしています。

 

昔から猫のひげを切ってはいけない、と言われているのはそのためなんですね。

 

縁起が良くても猫のひげを切ったり抜いたりしないようにしてくださいね。

 

 

 

Sponsored Link


 

猫の身体のしくみ

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る