猫飼い方

猫の飼い方が丸わかり教科書『ねこ勉』

猫を飼う上で知りたい知識・情報を配信しています。

猫があくびをする3つの理由!ストレスのかかりすぎが原因の可能性も?

読了までの目安時間:約 7分

猫のあくびはどうして?

 

 

猫のあくびを見て、「1日の大半を眠って過ごしているのに、なぜあくびをするんだろう?」と思ったことはありませんか?

 

猫は平均1日に14時間ほど眠ると言われていますが、あくびをしている姿もよく見掛けますよね。

 

 

猫があくびをするのは、私達人間と同じように、眠いときと酸欠のときです。

 

ですが、猫があくびをするのには、他にも意外な理由があります。

 

ここでは、猫があくびをする理由を一緒に見て行きたいと思います。

 

 

また、猫のあくびと病気の関係についてもご紹介するので、愛猫に元気でいて欲しい飼い主さんはチェックしてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

猫があくびをする理由

2018-05-01_192958

 

 

★眠い

人間と同じように、猫も眠くなるとあくびをします。

 

猫が眠りたそうにしていたら、ゆっくり寝かせてあげましょう。

 

 

★寝起きのウォーミングアップ

人間は眠いとき以外に、寝起きにもあくびをしますが、猫も同じです。

 

寝起きにあくびをすることで体の中に酸素を取り込み、起床後の活動に備えています。

 

 

また、遊んでいるときに体を活性化させたいときも、あくびをすることで酸素を取り込んでいます。

 

 

★気持ちを落ち着ける

遊んでいて興奮しすぎたときなどに、気持ちを落ち着かせるためにあくびをすることもあります。

 

また、撫でられているときに「もう撫でるのを止めて欲しい」と感じると、不満によって乱れた気分を落ち着かせるためにあくびをします。

 

 

猫を撫でているときにあくびをされたら、「もう結構!」と言う気持ちの表れなので、猫を解放してあげましょう。

 

 

猫のあくびと病気の関係

2018-05-01_203409

 

 

猫のあくびには色々な理由がありますが、病気が原因であくびをすることはあまりありません。

 

ですが、あくびには緊張を和らげる目的もあるため、猫のあくびが多いようなら、何らかのストレスを感じている可能性があります。

 

 

猫のあくびが多いと感じたら、猫にストレスが掛かりすぎていないか、環境などをチェックしてみましょう。

 

 

★あくびは口腔チェックのチャンス

猫があくびをしていたら、口腔チェックのチャンスです。せっかく口を大きく開けているので、口の中に異常がないかチェックしてみましょう。

 

 

口腔チェックをするときは、以下のポイントを確認します。

 

    • 口蓋(上あご)、歯茎、粘膜が淡いピンク色
    • 歯の抜けや欠け、歯の色
    • 腫れや口内炎、潰瘍の有無
    • 口臭

 

以下の症状が見られるときは、歯周病や口内炎などを発症している可能性があります。

 

    • 歯の色が黄色や茶色に変色している
    • 歯茎が赤く充血している
    • 頬の内側などに腫れや潰瘍、炎症がある

 

歯の色は子猫のときは乳白色をしており、年齢が高くなるにつれて黄色味が濃くなって行きます。

 

これは正常な経年劣化ですが、歯石が付くことで黄色や茶色になっている場合もあります。

 

歯石を放置すると歯周病に繋がることもあるので、動物病院で取ってもらいましょう。

 

 

さらに、歯周病が進むと歯が抜け落ちたり、歯周病菌が歯周ポケットの血管から血液の中に入り込み、心臓や肝臓などの内臓の病気を引き起こすこともあります。

 

 

また、口内炎などによる痛みも、猫にとって大きなストレスになりますし、口の中が痛くて餌を充分に食べられなくなるケースもあります。

 

 

口臭も、病気のサインの場合があります。

 

病気が原因の口臭のほとんどは歯周病などの口腔疾患によるものですが、内臓疾患が原因の場合もあります。

 

猫の口からキャットフードとは違う臭いがするときは、獣医師に相談しましょう。

 

 

ちなみに、猫が虫歯になることはきわめて稀です。

 

猫の歯が黒く見えるときの多くは、歯の欠けた部分が黒ずんで虫歯のように見えている状態です。

 

完全室内飼いの猫であれば、多少の歯の欠けは生活や健康に支障ありません。

 

 

 

Sponsored Link


 

猫の病気 猫の身体のしくみ

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る