猫飼い方

猫の飼い方が丸わかり教科書『ねこ勉』

猫を飼う上で知りたい知識・情報を配信しています。

【猫のサプリメント】上手な飲ませ方や正しい選び方!間違うと逆効果も・・・

読了までの目安時間:約 14分

猫のサプリメント飲ませ方選び方

 

 

サプリメントは、上手に活用すれば健康増進に役立ったり、症状を改善してくれることがあります。

 

猫用のサプリメントも用途によって、色々な種類が販売されていて、獣医さんの中にも、アガリクスなどのサプリメントを処方する獣医さんも増えています。

 

 

ここでは猫にサプリメントを飲ませる方法や、良質なサプリメントの選び方について、ご紹介します。

 

使える口コミと使えない口コミの見分け方もお伝えしますので、大切な愛猫の健康に、ぜひお役立てください。

 

スポンサーリンク

 

サプリメントは薬ではない

2017-02-07_155006

 

 

まず、サプリメントは薬ではないと言うことを理解しておきましょう。

 

猫のサプリメントも人間のものと同じように、目的別にさまざまな製品が販売されています。

 

ですがサプリメントは日本語で「栄養補助食品」と言うように、あくまで食品です。

 

 

症状や体質に合ったものを選べば、健康増進や症状の改善が見られることも多いですが、薬と違って医学の専門家でない人でも開発や販売ができるので、飲めば必ず病気が治ると言うものではありません。

 

 

また、病気の予防や改善はサプリメントに頼る前に、良質な餌を与える、ストレスを溜めさせないなど、愛猫の生活習慣を健康的に管理することが基本です。

 

さらに、症状や疾患によっては、医学的根拠に基づく治療が不可欠な場合もあります。

 

 

基本となる生活管理や治療を行った上で、必要に応じてサプリメントも上手に活用しましょう。

 

 

★症状が重いときはすぐに動物病院へ

毛ヅヤが悪い程度であれば、餌の内容を変えたりサプリメントを与えて様子を見てもよいですが、著しい衰弱や死亡に繋がる可能性がある症状が出ているときは、速やかに動物病院を受診させましょう。

 

 

ペットを飼い慣れていなくて、様子を見てもよいかどうかがわからないときも、なるべく早く獣医師に診てもらった方が無難です。

 

 

また、動物病院で治療を受けていてサプリメントを併用したい場合は、サプリメントを与えてよいか獣医師に相談しましょう。

 

疾患や治療内容と、サプリメントの相性が悪い場合もあるので、主治医に確認した方が無難です。

 

 

※獣医師にサプリメントの使用を反対されたら?

処方されている薬の成分と合わないなど、医学的・科学的根拠に基づいて反対されたときは、必ず獣医師の指示に従ってください

 

 

ですが、サプリメントのことをよく勉強せずに、個人的な好き嫌いだけで反対する獣医師も多いようです。

 

その場合は、飼い主が最終的な判断をすることになります。

 

 

獣医師が反対する理由によって、従う必要があるのかないのかが変わって来るので、反対されたときは、なぜ反対するのか理由をよく聞きましょう。

 

 

獣医師が判断するにしろ、飼い主が判断するにしろ、感情論や個人の好みで考えるのではなく、愛猫に有益なものなのかどうかを冷静かつ客観的に見極めることが大切です。

 

 

サプリメントの飲ませ方

2017-02-07_155555

 

 

★液体か粉末タイプが使いやすい

猫にサプリメントを与えるときは、餌に混ぜたり振り掛けると与えやすいです。

 

液体タイプか粉末タイプのサプリメントを選ぶと、餌に混ぜやすいので使いやすいです。

 

 

錠剤タイプのサプリメントを使用する場合は、細かく砕いて餌に混ぜます。

 

ですが、完全に砕けずに粒が残っていると、猫がサプリメントだけ除けてしまう可能性があります。

 

錠剤を砕くときは、ピルクラッシャーを使うと、簡単に粉末状に砕くことができます。

 

2017-02-07_155911

 

ピルクラッシャーは、Amazonや楽天市場などで数百円から販売されています。

 

 

 

★サプリメントは加熱しない

サプリメントは、加熱するとせっかくの栄養素が壊れてしまうことがあります。

 

餌を手作りする場合も、調理の途中でサプリメントを混ぜるのはNGです。

 

サプリメントは調理が済んだ後で、餌が常温になってから混ぜましょう。

 

 

★体調がよいときに少量から始める

サプリメントは薬ではありませんが、きちんと作られたサプリメントは症状の改善が見込めるように考えて作られています。

 

それだけ体に作用すると言うことなので、体質や症状に合わずに副作用が出る場合もあります

 

 

また、成分は合っていても、与える量が多すぎて副作用が出ることもあります。

 

さらに、愛猫の体調がよくないために副作用が出る場合もあります。

 

 

新しいサプリメントを始めるときは、猫の体調がよいときを選んで、少量から始めて様子を見るのがおすすめです。

 

 

猫によってはサプリメントの原材料で食物アレルギーを起こす子もいます。

 

新しいサプリメントを与えた後は、食物アレルギーの症状である下痢や嘔吐、皮膚炎などが出ていないかもよく観察しましょう。

 

 

サプリメントの選び方

2017-02-07_163248

 

 

猫用のサプリメントは、インターネットや動物病院、ペットショップなどで購入できます。

 

愛猫に合うか合わないかは、飲ませてみないとわかりませんが、以下の基準を満たすサプリメントは良質なサプリメントである可能性が高いです。

 

    • 動物病院で使用されているか、第三者機関による客観的な実験結果が開示されている
    • 効果が期待できる根拠に、科学的な裏付けや長年の経験である程度結果が出ていることが示されている
    • 成分や含有量が明記されている
    • サポート窓口があり、電話やメールで個別の相談や質問に応じてくれる

 

 

 

●動物病院で使用されているか、第三者機関による客観的な実験結果が開示されている

動物病院で使用されているサプリメントや、第三者機関による実験で効能が認められているサプリメントは、必要な成分がしっかり配合されていて効果が出るサプリメントである可能性が高いです。

 

 

●効果が期待できる根拠に、科学的な裏付けや長年の経験である程度結果が出ていることが示されている

人間用のサプリメントでもよく、目新しい食品が使われているだけで、本当にその食品に症状を改善する効果があるのかどうか、根拠が不明瞭な製品が販売されていることがあります。

 

 

ですが、原材料についてよく調べて作っているサプリメントであれば、「この食品は〇〇の成分が多く含まれていて、〇〇の成分は体にこう言う働きをするので、毛ヅヤがよくなって脱毛が改善する効果が期待できます」と言った具合に、理論的な商品説明がされているはずです。

 

 

説明が可能なのであれば、理論的に根拠を説明した方が消費者が納得して売れるので、説明できるのに説明しないと言うことは、まずありえないからです。

 

また、明確な根拠の説明があっても、そのまま鵜呑みにせず、その説明が事実かどうかを調べます。

 

獣医師などの専門家の解説が掲載されているホームページなどを探して読んでみるとよいでしょう。

 

 

あるいは、科学的根拠が明確でなくても、その食品を食べ続けている人や動物が特定の疾患にかかりにくいなどの長年の経験に基づくデータがある食品が含まれているサプリメントは、効果を期待してもよいと思います。

 

 

●成分や含有量が明記されている

コストを下げるために、肝心な成分が少ししか含まれていないサプリメントも存在します。いくら、よい原材料を使用していても、含有量が少なすぎては効果が期待できません。

 

サプリメントは、原材料が詳しく表示されていて、有効成分の含有量も表示されているものを選びましょう。

 

 

原材料がきちんと表示されている製品であれば、添加物に何が使用されているかもわかるので安心です。

 

完全に添加物フリーであるものを選ぶのが理想ですが、難しい場合はせめて、極端に添加物が多いサプリメントは避けた方がよいでしょう。

 

 

●日本語対応のサポート窓口があり、電話やメールで個別の相談や質問に応じてくれる

ペット用サプリメントは外国製のものも多いですが、いざと言うときに日本語で対応してくれる窓口があるメーカーだと安心です。

 

 

また、「よくあるご質問」などのコーナーにマニュアル回答が掲載されているのみで、個別の相談や質問ができる窓口がないメーカーのサプリメントは避けた方がよいでしょう。

 

 

商品についての問い合わせができないのは困りますし、何より、カスタマーサポートなど個別の顧客に対応するための窓口を設けていないメーカーが、消費者に対して誠実であるとは考えにくい=サプリメントの質もよくない可能性が高いからです。

 

 

メーカーの説明とネットの口コミを鵜呑みにしない

2017-02-07_162712

 

 

メーカーの商品ページや購入ページの説明をよく読むと、「一見すごそうだけれど、同じことを言い方を変えて何回も言ってるだけ」「すごそうな言葉で煽っているだけで、よく読むと何で効くのかよくわからない」と言うことが頻繁にあります。

 

化粧品や健康食品の類は、特にそう言う商品が多いです。

 

 

メーカーの説明を鵜呑みにせず、「サプリメントの選び方」で挙げた条件を満たしているかどうかを、しっかり確認して判断しましょう。

 

 

また、メーカーサイトなどに掲載されている口コミは、全く信用できません。

 

メーカーが作っているホームページやパンフレットに掲載する口コミは、メーカーの自作自演が可能だからです。

 

 

猫用サプリメントの口コミで信用できるのは、一般消費者の立場の知り合いの口コミと、かかりつけの動物病院の獣医師の口コミです。

 

インターネット上の口コミにも、参考にできるものがあります。Amazonや楽天市場などの商品レビューです。

 

ただし、商品レビューなら全部信用できるわけではありません

 

 

まず、「安いので続けたいです」などのように極端に短文で、商品の質について言及していないのに高評価のレビューは、いわゆるサクラの投稿である場合が多いので読み飛ばします。

 

 

役に立つ商品レビューは「どんな状態の猫に、どのくらいの期間、どのくらいの量を与えて、どんな結果が出ているのか」など客観的なデータが盛り込まれている商品レビューです。

 

そう言ったレビューをたくさん読むと、製品の実像がある程度見えて来るので、参考になります。

 

 

 

Sponsored Link


 

猫の食事・ダイエット・健康

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る