猫飼い方

猫の飼い方が丸わかり教科書『ねこ勉』

猫を飼う上で知りたい知識・情報を配信しています。

猫におやつを与えるメリットは?あげるタイミングと頻度・1回の量を詳しく解説!

読了までの目安時間:約 7分

猫おやつメリット注意点

 

 

猫好きにとって、猫におやつをあげるひとときも楽しいものですよね。

 

ですが、そもそも猫におやつは必要なものなのでしょうか?

 

ここでは、猫におやつをあげるメリット、おやつをあげてよいタイミングと頻度、1回のおやつの適量など、猫のおやつについて、詳しく解説します。

 

 

猫におすすめのおやつと、猫に与えてはいけないおやつについての情報も掲載しています。

 

猫のおやつについて疑問がある飼い主さんは、ぜひ読んでみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

猫におやつは必要?

2016-11-14_154142

 

 

栄養の観点から言えば、猫におやつは必要ありません。

 

むしろ、おやつをあげすぎる方が問題です。

 

良質な総合栄養食は、愛猫の年齢と体調に合ったものを選べば、必要な栄養がすべて補えるようになっているので、おやつの与えすぎは肥満や病気の原因になります。

 

 

ですが、質と量、頻度さえわきまえていれば、おやつがもたらすメリットもたくさんあります。

 

美味しいおやつを与えることは猫とのコミュニケーションに役立ちますし、躾のときにも、上手にできたご褒美におやつをあげると、猫が「今のが正解なんだ」と覚えやすくなります。

 

 

また、たまにいつものごはんよりも美味しいおやつをもらえることは、猫にとっても楽しみが増えますし、同じフードばかり食べさせるよりも飽き防止にもなります。

 

 

猫が嫌がることをした後のご褒美としても、おやつは役立ちます。

 

長時間の留守番や動物病院、シャンプーなどの後におやつがあると、猫が「嫌だけど、これの後はいつもおやつがもらえるんだ」と思えるようになります。

 

 

おやつをあげるタイミングと頻度

oyatutaiminngu

 

 

おやつをあげる頻度は、2~3日に1回程度が適切です。

 

多くても1日2回までにし、それ以上はねだられてもあげないようにします。

 

 

躾のご褒美として与える場合は1日に何回か与えることになる可能性もあります。

 

その場合は、うんと小さくちぎって、1回に与える量をごく少量にし、おやつの食べすぎにならないよう調整しましょう。

 

 

日常的におやつをあげるなら、食後または食間のタイミングで与えるのがおすすめです。

 

市販の猫用のおやつは、各メーカーが工夫を凝らした食い付きのよいおやつが色々と売られています。

 

 

総合栄養食よりも美味しいので、猫がお腹を空かせているタイミングで与えると、「もっと、もっと」とおやつばかり食べたがるようになってしまいます。

 

おやつを与えるタイミングは、食後か食間の、猫があまり空腹でないときに与えるのが基本です。

 

 

おやつの量

2017-02-09_124800

 

 

おやつの量は、1日に必要な摂取カロリーの1~2割程度までに抑えます。

 

そのくらいの量であれば、栄養バランスへの影響が少ないと言われています。

 

また、おやつをあげるときは、おやつの分のカロリーを食事で減らします

 

 

1回の量は、猫がひと口で食べられる量が適量です。

 

これは肥満防止だけでなく、猫は1日の食事回数が4回以上になると病気になりやすくなると言う理由もあります。

 

1回のおやつの量が多すぎると、体が食事1回分にカウントしてしまうので、病気になりやすくなってしまいます。

 

 

猫におすすめのおやつ

2017-02-09_131513

 

 

市販の猫用のおやつを利用するなら、なるべく添加物が少ないおやつを選びましょう。

 

肉や魚を干したものなど、色々な猫用のおやつが販売されています。

 

毛玉ケアができる、猫草を配合したおやつもおすすめです。

 

 

市販のおやつ以外なら、茹でたササミ肉や白身魚なども与えられます。

 

いずれも、1回に与えるのはひと口分だけにしましょう。

 

 

猫に与えてはいけないおやつ

2017-02-09_131936

 

 

お菓子など、人間の食べ物は絶対に与えてはいけません。

 

猫には塩分や糖分が多すぎますし、食品によっては中毒を起こすなど非常に危険なものもあります。

 

 

刺身をおやつに与えてよいとする情報もありますが、生の魚介類には猫の体内でビタミンB1を破壊してしまうものもあるので、詳しい知識がない人は避けた方が無難です。

 

 

また、添加物が含まれる市販の猫用おやつも、なるべく避けた方が無難です。

 

 

 

Sponsored Link


 

猫の食事・ダイエット・健康

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る