猫飼い方

猫の飼い方が丸わかり教科書『ねこ勉』

猫を飼う上で知りたい知識・情報を配信しています。

【猫のワクチン】予防注射の種類や時期・費用・副作用を徹底解説!

読了までの目安時間:約 8分

猫のワクチン接種費用時期副作用

 

 

猫を飼いはじめたらまず考えるのがワクチン接種ではないでしょうか?

 

猫のワクチンは生後2ヶ月から期間をあけながら2回、3回と接種していきますが、ワクチンで作られる抗体は効力が薄れていくため、成猫になってからも1年に1回はワクチン接種をした方が良いと言われています。

 

 

猫を飼っている以上ずっと考えなければならないことなので、今回はそんな猫のワクチンについて、種類や接種する時期、費用や副作用などについてご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

猫のワクチンとは?

2017-01-18_194325

 

 

ワクチンは、ウイルスや細菌、原虫などが体内に侵入してしまう感染症を予防したり、発症しても軽度で済むように考えられたものです。

 

事前に毒性をなくしたり弱めたりした細菌やウイルスなどの病原体を体に入れておくことで、抗原に対する抗体を作っておきます。

 

抗原にはウイルスや細菌、原虫などがありますが、ウイルスは抗体にしか殺すことができないため、ワクチンを接種することで抗体を作っておくのです。

 

 

とはいえ、猫がもともと持っている免疫力には個体差がありますし、ワクチンを接種しても病気を100%確実に予防出来るわけではありません。

 

 

不活化ワクチンと生ワクチン

ワクチンには不活化ワクチンと生ワクチンとがあります。

 

不活化ワクチンは化学処理などにより細菌を死滅させて毒性をなくしたもので、感染症を発症することがないのが特徴ですが、免疫力は生ワクチンほど強くはならず持続期間も短いのと、アレルギー反応などの副作用が出ることがあります。

 

生ワクチンは強い免疫力がつくのが特徴ですが、感染症を発症することがあり、副作用が出る可能性も高いと言われています。

 

 

混合ワクチンと単体ワクチン

猫のワクチンは6種類の感染症に対応するワクチンが開発されており、ひとつの感染症に対する単体ワクチンといくつかの感染症に対応する混合ワクチンがあります。

 

混合ワクチンは予防出来る感染症の数ごとに3種、4種、5種、7種がありますが、3種混合ワクチンはコアワクチンとも呼ばれており、ワクチン接種としては一般的です。

 

3種混合ワクチンは、猫ヘルペスウイルス、猫カリシウイルス、猫パルボウイルス感染症の予防ができ、4種は3種混合+猫白血病ウイルス感染症、5種は4種+クラミジア感染症、7種はカリシウイルスには多くの型があるため、5種+3種類の猫カリシウイルスの予防が出来ます。

 

単体ワクチンには、白血病ワクチンと猫エイズワクチンがあります。

 

 

接種する時期

生まれたばかりの子猫は母乳を飲むことで母猫の抗体を取り入れて免疫力をつけますが、生後56日頃にはその免疫力が自然消滅すると言われています。

 

初乳を十分に飲んでいるかによって免疫力の強さが異なるため個体差がありますが、最初のワクチン接種は生後56日頃に行ないます。

 

母猫からもらった抗体が残っているとワクチンを排出してしまうことがあるため、生後84日頃に2回目のワクチン接種をします。

 

以降は1年に1回のワクチン接種が一般的です。

 

 

成猫の場合は健康状態が良ければいつでもワクチン接種が出来ますが、免疫力を確実にするために最初の接種から約1ヶ月後に2回目の追加接種をすすめられることがあります。

 

 

ワクチンの費用は?

2017-01-18_194737

 

 

ワクチンの費用は地域や市町村などによって変わってきますが、平均的な費用は下記です。

 

    • 3種混合 4,000円〜6,000円
    • 4種混合 5,000円〜7,000円
    • 5種混合 6,000円〜8,000円
    • 7種混合 6,500円〜8,500円
    • 単体ワクチン 2,500円〜4,000円

 

 

ワクチンの副作用

2017-01-02_154309

 

 

ワクチンを接種した後は、食欲がなくなったり元気がなくなる猫が多いと言われています。

 

ワクチンの副作用はほとんどが一過性のものなので、1〜2日ほどで治まりますが、軟便や下痢、吐き気、顔のむくみや腫れ、呼吸の異常、よだれ、震え、ワクチン接種部位の異変、アナフィラキシーショックなどの症状が見られる場合はすぐに病院に連れていきましょう。

 

 

アナフィラキシーショックの発症率は0.01%〜0.05%と言われていますが、接種後1時間以内に痙攣や呼吸困難が起こり命にかかわることがあるため、ワクチン接種の後30分くらいは病院の近くで様子を見た方が良いと思います。

 

 

ワクチンを接種するときは

2017-01-18_195215

 

 

猫の免疫力が低下しているときはワクチンを接種することで感染症を引き起こすことがあります。

 

食欲不振、元気がない、下痢をしているなど体調がいつもと違う場合は獣医さんに相談してワクチン接種の日程を変更するようにしてください。

 

 

ワクチンはウイルスの毒性をなくしたり弱めたりしていますが、猫にとっては異物を体内に入れることになるため、接種後3日間ほどは激しい運動やシャンプーなどは避け安静にさせるようにしましょう。

 

また、抗体が完成するまで2〜3週間は他の動物との接触は避けた方が良いと思います。

 

 

まとめ

2017-01-18_195552

 

 

いかがでしたか?

 

猫のワクチンには感染症を予防する素晴らしい効果がありますが、体内に異物を入れることになるため副作用が出る場合もあります。

 

接種するかどうかは、かかりつけの獣医さんに猫の健康状態をみてもらってから判断するようにしましょう。

 

 

 

Sponsored Link


 

猫の病気 豆知識・日常の疑問

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る