猫飼い方

猫の飼い方が丸わかり教科書『ねこ勉』

猫を飼う上で知りたい知識・情報を配信しています。

実は幸運の生き物だった?黒猫が不吉と言われる理由を詳しく解説

読了までの目安時間:約 6分

黒猫が不吉な理由

 

 

よく、黒猫は不吉の象徴とされますが、そもそもなぜ、黒猫=不吉なのでしょうか?

 

単なる迷信なのか、科学的な根拠があるのか、猫好きとしては気になるところですよね。

 

 

ここでは黒猫が不吉と言われる理由について、詳しく解説したいと思います。

 

また、黒猫を吉兆の印とする考えもあるので、そちらの考え方についてもご紹介します。

 

 

猫好きさんもそうでない人も、黒猫=不吉説が気になっている人は読んでみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

黒猫が縁起のよい生き物だった時代もあった?

2017-02-17_213342

 

 

「黒猫が横切ると不吉」と言う迷信は西洋文化の影響なので、西洋文化が日本に入ってくる前の江戸時代は、黒猫は縁起がよいとされていました。

 

 

黒猫を縁起がよいとしていた理由は定かではありませんが、当時の黒猫は「福猫」とも呼ばれ大切にされていたそうです。

 

黒猫の招き猫は現在も販売されており、黒猫には魔力があると考えられていることから、黒猫の招き猫には厄除けのご利益があるとされています。

 

 

黒猫が不吉と言われるのはペストのせい?

2017-02-17_213722

 

 

黒猫を不吉なものとする考え方は、中世ヨーロッパが起源になっています。

 

当時のヨーロッパではペストが大流行していました。

 

医療が発達していない時代なので、当時の人々にとってペストと言えば、多くの人が命を落とす大変恐ろしい病気です。

 

 

原因もわからず次々と人が死んでいくペストの流行に、民衆のやり場のない不安と怒りが募る中、教会はペストの流行を、何者かの呪いによるものだと考えました。

 

 

ちょうどその頃、独居生活をしている老婆が、顔に怪我を負います。

 

そして同じタイミングで、やはり顔に怪我をした黒猫が街に現れるようになりました。

 

 

人々は「恐ろしい黒魔術を使う老婆が黒猫に化けているのだ」と考えるようになり、教会も魔女狩りを始めます。

 

 

黒猫は魔女が化けていて、呪いで人々を病死させると言うイメージが広まり、「黒猫を見ると命を落とす」と考えられるようになっていったのです。

 

 

そうして魔女狩りは魔女と疑われる女性だけでなく、黒猫にも及びます。

 

さらには黒猫以外の猫を飼っている人まで、魔女の嫌疑を掛けられて処刑されたそうです。

 

 

この逸話は諸国に広まったので開国した日本にも入って来るようになり、日本でも黒猫は不吉だと考えられるようになっていきました。

 

 

イギリスでは黒猫は「幸運の猫」

2017-02-17_214833

 

 

黒猫=不吉のイメージは世界各国に広まっていき、イギリスにも魔女狩りの話とともに伝わっています。

 

ですが、イギリスでは黒猫は「幸運の猫」とされています。

 

 

イギリス人は黒猫の逸話を「魔女の化身である不吉な黒猫が通り過ぎて行ったと言うことは、不幸なことが通り過ぎたと言うことだ」と解釈しているそうで、「黒猫が横切る=不幸なことは通り過ぎてしまったと言うことだからラッキーだ」と考えるそうです。

 

 

ただし、最近は自撮りブームが原因で、イギリスで黒猫が捨てられることが増えているそうで、イギリスの捨て猫の中の黒猫の割合が異常に多くなっているそうです。

 

黒猫は他の色の猫に比べて可愛く取るのが難しく、「変な猫と写っている私」の写真になってしまいがちなので捨てられてしまうそうです。

 

 

黒猫は人懐っこい猫が多い

2017-02-17_215413

 

 

被毛の色のせいで不遇な扱いを受けることもある黒猫ですが、実際のところは当然ながら、恐ろしい魔女が化けていたりはしません。

 

むしろ、見た目のクールな印象とは違い、飼いやすい性格の猫が多いです。

 

 

猫種によっても細かい性格は異なりますが、黒猫は人懐っこく甘えん坊な猫が多く、人間と暮らすのに適した猫と言えます。

 

私が知っている黒猫にも、誰にでもフレンドリーで優しい性格のメス猫がいたことがあります。

 

 

黒猫はパッと見はちょっと怖いこともあるかもしれませんが、飼い主を大事に思ってくれる子が多いので、これから猫を迎えるなら黒猫も候補に入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

Sponsored Link


 

豆知識・日常の疑問

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る